手術の方法を詳しく知る|気になる鼠径ヘルニアは専門の技術を持った医院でしっかり手術
HerniaCare

お悩みの鼠径ヘルニア胎嚢は短時間の手術で除去できます。

手術の方法を詳しく知る

女医

腹腔鏡鏡を用いた手術

鼠径ヘルニアの手術には、腹腔鏡を用いて筋膜を補強する方法があります。特に肥満が原因で発症した場合に適しており、切開を用いないということで傷のケアが不安という場合に選んでみるのも良いといえます。専用の機材が必要であるため、医院選びの際には有無の確認が必要です。

切開でヘルニア嚢を除去

確実で短時間で済ませる方法としては、鼠径部を2~3センチ切開し、ヘルニア嚢を切除する方法があります。再発率が低いため、深刻な鼠径ヘルニアである場合に選んでおきたい手術方法といえます。なお、技術の高さが求められるので、医院選びも慎重に進めておくことが大切です。

静脈と局所に麻酔を施す

鼠径を切開するとなると、不安なのが痛みです。そのため、事前にどのような麻酔を施すのか確認をしておくことが重要でしょう。主に静脈と局所へ行ないますが、手術方法によって方法にも違いがあるので、効果や身体への負担も考えて決めておく必要があります。

再発のリスクも考える

鼠径ヘルニアの手術が完了した場合でも、立ち仕事や過度な運動で再発する可能性もあります。また、手術方法によっても再発率に違いがあるため、これからの身体への負担を踏まえ、適切な手術プランを組んでくれる医師を見つけておくことが肝心です。また、すぐに相談ができるように行動圏内にある医院を選んでおいた方が良いでしょう。

症状に関する様々な疑問を解消

なりやすい人とは?

鼠径ヘルニアですが、40代を超えたあたりから発症がしやすいといわれています。なお、若い女性であっても出産による子宮への負担が原因で発症するともいわれているため、これらを機に鼠径部に違和感があると見受けられたら専門の医師へ早めに相談をしておくことが肝心になってきます。

習慣が原因で発症することもありますか?

慢性的な便秘を患っていたり、運動の量が多かったりすることで鼠径部に負担が掛かってしまいます。他にも重い荷物を運ぶなど、お腹に力が入る作業を習慣的に行なっているとヘルニア胎嚢が発生する場合もあるため注意が必要です。

手術はどういう流れですか?

鼠径ヘルニアの手術当日は飲食を控えることが前提ですが、前日までなら問題はないため、生活の制限は少ないといえます。切開を用いた手術であれば患部の除毛を行ない麻酔を施します。手術が完了したら、傷による身体への負担を軽減できるよう入念にアフターケアを進めていきます。

手術の時間はどれくらい?

鼠径ヘルニアの手術時間ですが、大体は30分から1時間くらいで終わるといわれています。なお、鼠径ヘルニアの胎嚢の大きさによってはそれ以上掛かってしまう場合もあります。短時間の手術ということで、鎮静剤で眠っている間に完了します。

広告募集中