HerniaCare

お悩みの鼠径ヘルニアは短時間の手術でも完治が可能です

安全も考えた治療プラン

病院

手術しか解消方法はない

鼠径ヘルニアですが、内服薬で胎嚢を無くすことはできません。そのようなことから、解決するには手術しか方法はないといわれています。外科手術といってもメスで切開する方法や、腹腔鏡で筋膜を強化するなど様々であるため、希望の手術に合わせて医院を選んでおく必要があります。

便秘や肥満を解消しておく

鼠径ヘルニアが発症する原因としては、便秘による腸への負担や、肥満によって起こる健康被害が挙げられます。手術だけでなく、日頃の習慣を見直すことも大切であり、それらのアドバイスを送ってくれる医師も多くいます。

新着情報

手術方法や医院の選び方をチェック

腹部

手術の計画を立てておく

鼠径部のふくらみが見られたら鼠径ヘルニアを疑い、状態にあったケアをしておく必要があります。また、手術は短時間で完了するため、長期の入院はできないという人でも受けやすいでしょう。しかし、時間を掛けて病院を探すことが重要になってきます。焦ってひとつの病院に絞らずにセカンドオピニオンを利用するなど、情報を集めることも慎重にしておく必要があります。

READ MORE
女医

手術の方法を詳しく知る

様々な方法で鼠径ヘルニアの胎嚢を切除することが可能ですが、それぞれの特徴やリスクも詳しく知り、計画を立てておくことが重要です。また、細やかに手術に関して説明をしてくれる医師を見つけることも肝心になってくるでしょう。今では対応している医院も増えつつあり、それぞれフォローの体制に違いがあるため、比較を重ねて安心して通えるところを見つける必要があります。

READ MORE

[PR]

血糖値を下げる方法を詳しく紹介!
糖尿病を回避しよう 免疫細胞療法の確認
詳細を事前に調べておける 鼠径ヘルニアの手術をするなら名医を探せ!
安心して手術を受けられる。

成人によく見られる病気

鼠径ヘルニアは40歳を過ぎたあたりから、老化現象が進むに連れて発症率が高まってしまいます。しかし、先天性によって子供でも発症する場合もあるため、年齢問わず油断をしないように気をつけておくべきといえます。また、初期症状であればメスを用いない腹腔鏡手術で解決できる場合もあるので、身体の負担を考えて早めに相談を決めることも重要です。

原因を元に治療のプランを立てる

原因は何が多い?

鼠径ヘルニアに限らず病気については、日頃の習慣が原因で発症します。手術に手間が掛かってしまうことがないよう、初期症状について詳しく知り、迅速なケアを始めておくことが必要でしょう。主に食習慣は腸の負担を和らげるためには改善すべき点といえます。

[PR]

広告募集中